【オーストラリア】アルバイトの探し方

世界的な資源需要の高まりを背景に、オーストラリア経済は長期好況が続いてます。
オーストラリアは資源国ということもあり、アメリカやヨーロッパのような不況には直面していません。食糧自給率は300%以上です。また、失業率も約5%です。
日本はオーストラリアにとって最大の貿易相手国です。観光客数でもニュージーランドに次ぎ、第2位です。オーストラリアでは、人手不足の企業も多く、ワーキングホリデーメーカーにも仕事が多くあります。

どうやって仕事を探すの?

オーストラリアの求人情報が掲載されているサイトごご紹介します。
他にもサイトはたくさんあります。ここでは、日本人向けのサイトをご紹介しています。

日豪プレス オーストラリア生活情報サイト
オーストラリアワーキングホリデーで働く
[button_standard title=’シドニー’ url=”http://life.nichigopress.jp/syd/work/” type=’4′][button_standard title=’メルボルン’ url=”http://life.nichigopress.jp/mel/work/” type=’4′][button_standard title=’ブリスベン’ url=”http://life.nichigopress.jp/bne/work/” type=’4′][button_standard title=’ゴールドコースト’ url=”http://life.nichigopress.jp/ool/work/” type=’4′][button_standard title=’ケアンズ’ url=”http://life.nichigopress.jp/cns/work/” type=’4′][button_standard title=’パース’ url=”http://life.nichigopress.jp/per/work/” type=’4′]
日豪プレス オーストラリア生活情報サイト
image
[button_standard title=’NSW’ type=’4′][button_standard title=’QLD’ type=’4′][button_standard title=’VIC’ type=’4′][button_standard title=’SA’ type=’4′][button_standard title=’WA’ type=’4′][button_standard title=’NT’ type=’4′]

ワーホリ仕事の種類

ワーキングホリデーでは、最大6か月、同じ雇用者の元で働くことができます。
観光業が多いオーストラリアは、ツアーガイドやお土産屋さん、レストランなどの求人が目立ちます。特にシドニーでは、毎日300件以上もの求人がでていますので、仕事探しに困ることはないでしょう。またセカンドワーキングホリデービザ取得を目指して、ファームで働く人も多いです。

時給ってどのくらい?

ワーキングホリデーの場合、同一雇用者の元で6か月以上働くことができないため、アルバイト先は、短期間でも採用してくれるところになります。しかし、英語力と経験があれば、待遇のよいところで働くことも可能です。近年、シドニーでは、SUSHIレストランが人気で、お寿司を握れる人が重宝されています。

ワーキングホリデーの一般的な時給
  • 日本食レストラン:時給10~12ドル
  • ファーム:時給15~20ドル
  • ホテル:時給18ドル
  • カフェ:時給20ドル
  • アンアルウェンご利用の方へのサポート
    アンアルウェンでは、英文履歴書の書き方などのアドバイスをしています。
    英文履歴書のサンプルもお渡ししています。

    すべてのサポートを見る

    まずはお気軽に無料相談

    お名前 (必須)

    よみがな (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    ※当社からのメールが届かない時に、ショートメッセージを送るためにお伺いしています。当社からお電話をおかけすることはありません。

    ご相談内容 (必須)

    あなたに合った学校やコースを判断する方法とは?
    アンアルウェンの無料留学電話カウンセリング
    • Facebook
    • Twitter
    体験談 サポート キャンペーン スタッフ 問い合わせ 電話