ワーキングホリデー

アンアルウェンでは、「英語の上達」を第一に考え、ワーキングホリデー留学をサポートしています。

現在、日本はさまざまな国とワーキングホリデー協定を結んでいますが、アンアルウェンでは、治安が良く、英語の上達という目的を達成しやすい国、カナダとオーストラリアへのワーキングホリデーを中心にサポートしています。

ワーキングホリデーを成功させるための4つのポイント

英語を学ぶ

英語を学ぶ

ワーキングホリデービザでは、オーストラリアは最大4か月間、カナダは最大6か月間の就学が認められていますが、語学学校はあっという間に終わってしまいます。ワーキングホリデー中に、「できる限り英語を伸ばしたい」と思っている人は、この語学学校の期間を最大限に利用して、英語力を伸ばしていく必要があります。
そのために、アンアルウェンでは、出発前の事前英語の学習に力を入れ、どのように英語の勉強をしていけば、留学先の語学学校で英語を効率よく上達させることができるか、そして日本人が苦手とするスピーキング力を上げることができるかをアドバイスしています。

→ 英語の事前学習のサポートについてはコチラ


働く

留学先の地域にもよりますが、観光業が盛んな都市では、ワーキングホリデービザの方も仕事をすぐに見つけられることが多いです。
出発前から、どのような仕事をしてみたいかを考えていきましょう。
一般的に多い職場は、日本食レストランになりますが、英語力次第で、ローカル経営のもとで働くこともできます。ローカルの場合、時給も上がりますし、何よりも英語環境で働くという経験ができるので、留学がより充実したものになるでしょう。
働く

旅行する

旅行する

留学先の国を観光することができるのも、ワーキングホリデーの魅力のひとつです。日常会話ができるようになってくると、旅行もより一層楽しめます。
ワーキングホリデーメーカーの中には、語学学校を転校し、2都市留学をする方、また語学学校卒業後に、旅行を楽しむ方など様々です。
ただ旅行を楽しむためには、まずは旅行を一緒に楽しめる人を探すところも大切です。
語学学校では、気が合う仲間を探せる

住む

ホームステイ、シェアハウス、バックパッカーなど、海外の生活を実際に体験することができます。

教科書では学べない体験をすることで、価値観さえも変わることもよくあります。

海外の人たちの生活、考え方、文化を目にして学べることは、大きな財産になります。

住む

滞在先を選ぶ

オーストラリアでワーキングホリデー
~オーストラリアの魅力~

  • 気温が温暖
  • 最長2年間オーストラリアに滞在できる
  • 治安が良い

オーストラリアワーキングホリデー

オーストラリアは、ワーホリ人気第1位。暖かく過ごしやすいオーストラリアは、とても人気があります。
治安もよく、仕事も豊富にあるので、ワーキングホリデーには最高の場所です。

もっと詳しく

カナダでワーキングホリデー
~カナダの魅力~

  • ウインタースポーツを楽しめる
  • 治安が良い
  • 生活しやすい

カナダワーキングホリデー

ロッキー山脈をはじめ、大自然があるカナダ。スキーやスノーボードなどのウインタースポーツを楽しむことができます。
カナダの英語は日本人には聞き取りやすく、発音もとてもきれいです。

もっと詳しく

ワーホリ人気都市

シドニー |オーストラリア

  • 治安が良く、自然もたくさんある
  • 仕事がたくさんあり、英語に自信がなくても働くことができる
  • 世界中から留学生が集まるので、良い刺激を受けることができる
  • 語学学校のレベルが高い
  • オーストラリア人はフレンドリー
シドニーワーキングホリデー

バンクーバー |カナダ

  • 仕事の種類が豊富にある
  • カナダ英語は聞きやすいと評判
  • 語学学校に最大6か月間通学できる
  • 治安が良く、生活しやすい
  • アメリカにも旅行に行ける
バンクーバーでワーキングホリデー

ブリスベン |オーストラリア

  • 緑と水が街中にあふれ、自然を感じることができる
  • フルーツのピッキングや農作業の求人が多い
  • 念願のコアラを抱っこできる
  • 年間を通して、晴れることが多い
  • 大都市に比べると、ゆったりとした雰囲気を味わえる
ブリスベンでワーキングホリデー

ワーキングホリデーQ&A

カナダとオーストラリア、どちらがお勧めですか?
カナダとオーストラリアは、どちらとも英語圏ですし、治安も比較的良いので人気があります。オーストラリアは南国ですので、マリンスポーツをしたい方には最高の場所です。逆にカナダの気候は寒いですので、スキーやスノーボードなどウインタースポーツを楽しみたい方にお勧めです。仕事面から考えると、オーストラリアは観光が主な産業のひとつですので、カナダに比べると仕事を見つけるのは、簡単です。
ワーキングホリデーに必要な費用はどのくらいですか?
ワーキングホリデーにかかる費用は、主に航空券、海外留学保険、学費、生活費です。語学学校はお申込する期間によって、費用が変わります。ワーキングホリデーの場合、多くの方は語学学校に3~4ヶ月お申込をします。そうすると、出発前に必要な費用は、70~90万円程になります。あとは、現地での生活費です。数か月分の生活費を合わせ、120~150万円を用意し、出発される方が多いです。
帰国後、ワーキングホリデーの経験を活かして就職できますか?
帰国後の就職は、海外で「どんなことをしたか」により、大きな違いがあります。せっかく海外生活を体験したのに、英語が話せないという状態では、英語を活かした就職は難しいです。逆に、ワーキングホリデー中に英語を活かした資格を取得したり、インターンシップを体験したというと、独自の強みになりますので、就職にも活かせます。オーストラリアでチョークアートを学び、チョークアートの講師になった人や、J-SHINEの資格を取り、子供に英語を教えている人、日本の観光地で通訳として活躍している人など、帰国後の道はそれぞれです。

まずはお気軽に無料相談

  *
  *
  *

【アンアルウェンの無料メール講座】限られた留学期間で、英語を最大限に伸ばす。他の留学生と差をつける!出発前から知っておきたい留学成功のための6つの秘策とは…

メール講座の無料登録はこちらから

アンアルウェンでは、留学を通して、着実に英語を上達していただけるように、出発前から
  • ・自分にあった語学学校の選び方
  • ・英語の学習方法
  • ・放課後の使い方
など、さまざまな面から、留学を成功させるためのコツをお伝えしています。
あなたに合った学校やコースを判断する方法とは?
アンアルウェンの無料留学電話カウンセリング
体験談 サポート キャンペーン スタッフ 問い合わせ 電話