アクセス・ランゲージ・センターへの視察レポート

アクセス・ランゲージ・センター

アクセス・ランゲージ・センターへアンアルウェン松本朋弥が行ってきました。

Access Languages Centre(アクセス・ランゲージ・センター)の視察に行ってきました。
アクセス・ランゲージ・センターは、シドニーのセントラル駅のすぐそばにあります。

アクセス・ランゲージ・センターと言えば、インターンシップというほど、企業インターンシップと短期のミニインターンシップが充実しています。

企業インターンシップでは、日系の企業へのインターンシップも充実していて、SONYやMITSUBISHI、HISなどへの大企業へのインターンを手配してもらえる場合もあります。

英語力があまりないのですが、インターンシップができますか?というお問い合わせをいただくことがあるので、実際はどうなのか、アクセス・ランゲージ・センターのソンヨンさんに聞いてみました。

  • インターンシップをするために必要な英語力

    その生徒さんの最初の英語力によりますが、 企業は、できるだけ英語力が高く、長期でインターンシップをしてくれる人を求めるので、 9ヶ月Accessの英語コースで英語力をつけ、 3か月企業インターンシップをするというのが理想的とのこと。 インターンシップを始める時点で、中上級以上の英語力が必要になるので、 インターンシップの前にそのレベルに達しておく必要があるとのことです。 アクセス・ランゲージ・センターでは、ビジネス英語コースも開講しているので、一般英語とビジネス英語を組み合わせて、留学プランをねるのもよいかもしれません。 学校に入学してからも、学校内にインターンシップ担当のスタッフがいるので、随時アドバイスをもらえます。 ただ、闇雲に、 英語コース9カ月+インターンシップ3ヵ月と最初からお申込をしてしまうのもちょっと危険。 なぜかというと、人によっては、英語コースが9カ月も必要ではない場合もあるからです。 英語コースの期間は、 ・どのようなインターンシップ先を希望しているか、 ・現在の英語力はどのくらいか、 によっても変わってきます。 英語コースの期間を判断するためには、事前の英語レベルチェックの受験がお勧めです。 英語レベルチェックは、ご自宅で受けることができます。 合否を判断するものではなく、英語コースの期間を知るためのものです。 こちらのテストは、無料で受けられますので、事前にアンアルウェンにお問い合わせください。
    また、観光ビザでインターンができるミニインターンは、 オーストラリアの幼稚園などでボランティアができたり、カフェでのインターンがあったりと、様々なことができます。 こちらは、準中級レベルからでもインターンが可能なので、短期の方にオススメです。 アクセス・ランゲージ・センター
  • 学校の雰囲気は?!

    アクセス・ランゲージ・センターは、数年前にキャンパスを改装し、とても良い雰囲気になりました。 ただそれと同時に、教室の数を少なくしました。 そのことを聞いていたので、生徒数やコースの開講率が気になっていました。 一般英語コースは特に問題はないのですが、ケンブリッジ検定対策コースやIELTS、 ホスピタリティー英語やビジネス英語コースは、人数が少ないと開講しないことがあります。 せっかく留学プランを決めて留学したのに、コースが開講しなかったとなってしまうと、 留学のスケジュールが大幅に変わってしまうので、現状をお聞きしました。 現在、アクセス・ランゲージ・センターでは、以下のクラスが開講されています。
    • ビギナー1クラス
    • 初級1クラス
    • 準中級4クラス
    • 中級3クラス
    • 上級1クラス
    • ケンブリッジFCE1クラス
    • IELTS1クラス
    • ホスピタリティ英語1クラス
    万が一、 人数が集まらず、開講できなくなってしまうという場合は、 アクセス・ランゲージ・センターの姉妹校シドニー・カレッジ・オブ・イングリッシュでコースを受けることができるということです。 アクセス・ランゲージ・センター
  • SCEとの違いについて

    シドニー・カレッジ・オブ・イングリッシュ(Sydney College of English)は、アクセス・ランゲージ・センターと同じシドニーにあります。 ここで少しこの二校の違いと説明します。 一番大きな違いとしては、アクセス・ランゲージ・センターがワーキングホリデーの生徒さんが多いのに対し、シドニー・カレッジ・オブ・イングリッシュは学生ビザの方がほとんどです。そのためよりアカデミックな英語を学ぶことができます。
  • 人気があるデミペア

    アクセス・ランゲージ・センターは、デミペアにも力を入れています。 デミペアはヨーロピアンの生徒さんが多いのも特徴的です。正直、日本人の生徒さんは少ないということ。 理由は、英語力もそうですが、提出しなければならない書類も多いので、早めの段階からお申込みをしておく必要があるためということでした。 デミペアなどの特別プログラムをご検討の方は、事前に必要な書類などをお伝えしますので、アンアルウェンにお問い合わせください。
    アクセス・ランゲージ・センター
  • アクセスへのよくある質問

    教材については、 テキストをもらえないと言う学校もありますが、アクセス・ランゲージ・センターはテキストは全てもらえると言うことです。 またアクティビティーにも力を入れていて生徒さん同士が交流できるように学校側が企画をしてくれています。 アクセス・ランゲージ・センター
  • アクセスへのよくある質問

    生徒さんの年齢としては20代の方が多く日本人は年間平均15%と言うことです。 ただ2月3月4月は日本人が多く留学しているので大体25%になる時もあると言うことで、最近の傾向としては大人が増えてきているということがあります。 ただあまり増えすぎると国籍バランスがよくなくなってしまうので、今後は受け入れの制限をしていくそうです。 現在は午前中のクラスが全校生徒330名位分、イブニングは70名。 ここ最近は1年間休学大学を休学して留学してくる方が増えてきているようです! アクセス・ランゲージ・センター

まずはお気軽に無料相談

  *
  *
  *

【アンアルウェンの無料メール講座】限られた留学期間で、英語を最大限に伸ばす。他の留学生と差をつける!出発前から知っておきたい留学成功のための6つの秘策とは…

メール講座の無料登録はこちらから

アンアルウェンでは、留学を通して、着実に英語を上達していただけるように、出発前から
  • ・自分にあった語学学校の選び方
  • ・英語の学習方法
  • ・放課後の使い方
など、さまざまな面から、留学を成功させるためのコツをお伝えしています。
あなたに合った学校やコースを判断する方法とは?
アンアルウェンの無料留学電話カウンセリング
体験談 サポート キャンペーン スタッフ 問い合わせ 電話