• Homepage
  • >
  • ワーキングホリデーに必要な費用

ワーキングホリデーに必要な費用

ワーキングホリデーに必要な費用

オーストラリアへのワーキングホリデー(ワーホリ)の場合、必要な費用は約120~170万円となります。約50万円の差があるのは、語学学校に通学する期間や滞在方法、滞在地域、就労時間が理由としてあげられます。せっかくの休暇なので、仕事もせずゆっくりとしたいという方は、もっと必要になる場合もあります。逆に、語学学校に通学する期間を短くし、生活費を節約すると、もっと安くなることもあります。

アンアルウェンは、日本を拠点とする無料留学エージェントです。オーストラリア(シドニー)にある現地留学エージェントICNオーストラリア留学情報館と提携しています。アンアルウェンにお申込されたお客様は、アンアルウェンとICNオーストラリア留学情報館のサポートを、日本とオーストラリアの2か国で提供しています。
手数料とサポート費がかからないため、年間20万円ほど節約できます。
ワーキングホリデーに必要な費用
ワーキングホリデービザ申請料 約38,000円(AU$440)
航空券 片道約55,000円~
海外留学保険 約170,000円~
語学学校の費用 約480,000円(語学学校に4ヶ月間通った場合)
空港出迎え 約12,000円
ホームステイ 約120,000円
生活費(シェアハウスでの11ヶ月間) 約900,000万円
アルバイト収入 ◎約1,200,000万円(8ヶ月間働いた場合)
ワーキングホリデーの合計費用 約60万円
ワーキングホリデービザ申請料オーストラリアのワーキングホリデービザ申請料は、2017年1月現在$440です。

航空券
ワーキングホリデーの場合、最初に入国する都市と、帰国直前に滞在している都市が違う場合があります。例えば、最初はシドニーに入国し、滞在中に移動を繰り返し、最終滞在先がケアンズだったということもよくあります。そのときのことを考えて、出発前に往復の航空券を購入せず、片道航空券を購入することをお勧めします。ジェットスター航空は、片道航空券を購入できます。費用は、予約する時期にもよりますが、40,000~70,000円となっています。

海外留学保険
ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在する場合、海外留学保険への加入をお勧めしています。学生ビザでの渡豪と異なり、ワーキングホリデービザで渡豪した場合は、補償してくれる保険がありません。また、オーストラリアの病院の診察料は、一回の受診で8,000~15,000円程かかります。毎回、その費用を負担するのは、非常に大変です。海外ワーキングホリデー保険に加入しておくと、医療費の負担がなく、緊急時も日本語で対応してくれます。海外ワーキングホリデー保険は、1ヶ月14,600円となっています。

語学学校の費用
語学学校により、授業料が大きく変わります。国籍のバランスが良く、授業の質が良い語学学校であれば、週290~350ドル程です。あとは、通学する期間によって、異なります。英語力を身につけたい方は、語学学校に3~4カ月通います。語学学校のキャンペーンを利用すると、授業料がとても安くなります。

生活費
多くのワーキングホリデーメーカーは、最初の1か月間はホームステイをされます。ホームステイの費用は、朝夜の食事付で1ヶ月10~12万円です。シェアハウスは、一人部屋(オウンルーム)かルームシェアにするかで料金は変わります。シドニーの場合、一人部屋でシティー中心だと、週200~300ドルかかります。ルームシェアは、週130~180ドルです。
オーストラリアは近年物価が非常に高くなってきていますので、外食をせず、自炊するようにすると、食費は節約できます。また飲食店で働いた場合は、賄いがつきますので、夜の食事分を節約することもできます。

アルバイト収入
ワーキングホリデーの魅力は、アルバイトをしながら生活費を補えるところです。シドニーやメルボルン、ブリスベンなどの大きな都市であれば、仕事はたくさんあります。英語力があれば、ローカルでも働けるケースもあります。日本食レストランは時給12ドル~、ローカルカフェなどでは、時給15ドル~となっています。

まずはお気軽に無料相談

  *
  *
  *

【アンアルウェンの無料メール講座】限られた留学期間で、英語を最大限に伸ばす。他の留学生と差をつける!出発前から知っておきたい留学成功のための6つの秘策とは…

メール講座の無料登録はこちらから

アンアルウェンでは、留学を通して、着実に英語を上達していただけるように、出発前から
  • ・自分にあった語学学校の選び方
  • ・英語の学習方法
  • ・放課後の使い方
など、さまざまな面から、留学を成功させるためのコツをお伝えしています。
あなたに合った学校やコースを判断する方法とは?
アンアルウェンの無料留学電話カウンセリング
体験談 サポート キャンペーン スタッフ 問い合わせ 電話